アコーディア・ネクストゴルフの親会社であるMBKパートナーズ、ANXの一括譲渡を検討か?コロナでゴルフ場事業価値向上と購入先予測

国内最大のゴルフ場運営グループとなっているアコーディア・ネクストゴルフの親会社でもあるMBKパートナーズが同ゴルフ場事業の売却準備を開始したとの報道が8月初旬に韓国内で流れたことがわかった。
売却価格は最大4000億円と推定され、買収の候補としてはグローバル資産運用会社や私募ファンド、国内外企業などが取り上げられているという。
韓国の経済関係サイトも興味を示し、パンデミック主導のゴルフブームの影響でゴルフ場の価値が向上したことが、MBKのEXIT戦略の背景にあると推測。
市場アナリストはこの取引は最大4000億円(36億ドル)と見積もっている。ゴルフコースは通常、EBITDAの7~10倍の価値があるとも紹介した。
いずれも憶測記事であり、この段階でMBKパートナーズの東京事務所は、「この件についてはコメントできない」の答えだったとのことだ。
ANXのゴルフ場事業は日本のゴルフ場市場の12%(ゴルフ場数は約170コース)を所有。

【業界情報】

※※最近の人気コース&昨年の夏以降相場上昇コース(コロナの影響か?)※※
府中CC、磯子CC、相模原GC、横浜CC、東京国際CC、我孫子GC、大利根CC、茨城GC、日光CC、浜野GC
(キャディー付きコースほど値上がり率が高い傾向にあります)


※※2020年東京オリンピック開催コースの霞ヶ関カンツリー倶楽部を含め社団法人譲渡不可ゴルフ場※※
東京ゴルフ倶楽部(大正2年開場)、霞ヶ関カンツリー倶楽部、相模カンツリー倶楽部、程ヶ谷カントリー倶楽部、
那須ゴルフ倶楽部、茨木カンツリー倶楽部、神戸ゴルフ倶楽部、鳴尾ゴルフ倶楽部等の中には提携&友好コースもあり。
昭和7年開場の社団法人でない廣野ゴルフ倶楽部は売買不可のコースでゴルファーの憧れのコースとなって居ります。

※※令和3年4月1日より、総額表示義務化により、相場表を消費税を含めた価格とさせていただきます。※※
※荒川第二・第三調節池整備で河川敷ゴルフ場が影響、ノーザン、川越グリーンクロス、大宮国際、大宮CC等※